手形割引と現金化のタイミング

手形割引と現金化のタイミング

手形割引と現金化のタイミング 手形割引は、銀行など金融機関に手数料を支払うことになるため、その手数料分の損をすることになります。
しかし、数日の日数の場合であれば、銀行との信頼関係や、すぐに現金化がしたい、と考えている場合には手形割引をしてでも、すぐに手元に現金を残しておきたい、と考える場合もあるでしょう。

これらはケースや状況によってかなり違いがありますし、また、営業の商談でも手形割引はよく引き合いに出されることがあります。
手形割引では支払いが90日から半年など、受け取り期間がありすぐに現金が手に入らないという業者にとってのデメリットがあるため、発注先にとっては現金で支払うことをバーターとして代金の割引などを求めることがあります。

この場合、金融機関などに手形割引をしてもらったときの手数料と、現金として受け取る時の差額を計算することや、現金化をすぐに出来ないリスクがどの程度があるのか、ということを計算して対応しなければ、結果的に損をしてしまう可能性があります。

これらのリスク計算は、十分に考えて対応しておくことをお勧めします。
目先の金利差だけではなく、本当の銀行金利を計算したときに、表面金利と実質金利の差があることもチェック項目としてください。

最新投稿